第5回総合アレルギー講習会

第2日目 12月16日 講義

食物アレルギー(成人含む)

第1会場(5F 大ホール)
9:00~11:30

座 長 伊藤 浩明(あいち小児保健医療総合センターアレルギー科)
座 長 海老澤元宏(国立病院機構相模原病院臨床研究センターアレルギー性疾患研究部)

「発症と耐性化と予防の免疫学的機序」
 講 師 大嶋 勇成(福井大学医学系部門医学領域小児科学)
「食物アレルゲンコンポーネント研究の最近の進歩」
 講 師 伊藤 浩明(あいち小児保健医療総合センターアレルギー科)
「成人の診療の最近の進歩(OAS・FDEIA・その他)」
 講 師 矢上 晶子(藤田保健衛生大学坂文種報德會病院総合アレルギー科)
「新生児乳児消化管アレルギー・好酸球性消化管疾患」
 講 師 山田 佳之(群馬県立小児医療センターアレルギー感染免疫・呼吸器科)
「小児の診療の最近の進歩(OFC・管理・発症予防)」
 講 師 海老澤元宏(国立病院機構相模原病院臨床研究センターアレルギー性疾患研究部)

アレルギー性肺疾患(類縁疾患)

第1会場(5F 大ホール)
13:30~15:30

座 長 浅野浩一郎(東海大学医学部内科学系呼吸器内科学)
座 長 稲瀬 直彦 (平塚共済病院呼吸器科)

「好酸球性肺炎―概念・病態・診断・治療と管理―」
 講 師 石浦 嘉久(関西医科大学総合医療センター呼吸器腫瘍アレルギー内科)
「ABPMの概念・病態・診断・治療と管理」
 講 師 谷口 正実(国立病院機構相模原病院臨床研究センター)
「EGPAの概念・病態・診断・治療と管理」
 講 師 西村 善博(神戸大学大学院医学研究科内科学講座呼吸器内科学分野)
「過敏性肺炎の概念・病態・診断・治療と管理」
 講 師 宮崎 泰成(東京医科歯科大学統合呼吸器病学)

膠原病とアレルギー

第2会場(3F イベントホールA+B)
9:00~11:30

座 長 廣畑 俊成(信原病院/北里大学医学部膠原病感染内科)
座 長 河野  肇(帝京大学医学部内科学講座リウマチ・膠原病グループ)

「アレルギー専門医に必要な膠原病の知識」
 講 師 河野  肇(帝京大学医学部内科学講座リウマチ・膠原病グループ)
「膠原病の皮膚病変」
 講 師 室  慶直(名古屋大学大学院医学系研究科皮膚科学)
「ベーチェット病の診断と治療~内科的病変を中心に~」
 講 師 菊地 弘敏(帝京大学医学部内科学講座リウマチ・膠原病グループ)
「膠原病の精神神経病変」
 講 師 廣畑 俊成(信原病院/北里大学医学部膠原病感染内科)

薬物アレルギー

第2会場(3F イベントホールA+B)
13:30~15:30

座 長 浅田 秀夫(奈良県立医科大学皮膚科学教室)
座 長 山口 正雄(帝京大学医学部内科学講座呼吸器・アレルギー学)

「薬物アレルギーへの対応:内科の立場から」
 講 師 山口 正雄(帝京大学医学部内科学講座呼吸器・アレルギー学)
「ワクチンの過敏症と対策」
 講 師 長尾みづほ(国立病院機構三重病院小児科/臨床研究部アレルギー疾患治療開発研究室)
「日常診療で重要な薬疹」
 講 師 水川 良子(杏林大学医学部付属病院皮膚科)
「重症薬疹の診断と治療」
 講 師 小豆澤宏明(奈良県立医科大学皮膚科学教室)

アレルギー疾患ガイドライン

第3会場(3F イベントホールC+D)
9:00~11:30

座 長 西間 三馨(国立病院機構福岡病院)
座 長 大田  健(複十字病院)

「成人喘息ガイドライン」
 講 師 東田 有智(近畿大学医学部附属病院)
「小児喘息ガイドライン」
 講 師 荒川 浩一(群馬大学大学院医学系研究科小児科学)
「鼻アレルギーガイドライン」
 講 師 黒野 祐一(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科学)
「アトピー性皮膚炎ガイドライン」
 講 師 佐伯 秀久(日本医科大学大学院医学研究科皮膚粘膜病態学分野)
「眼科アレルギーガイドライン」
 講 師 高村 悦子(東京女子医科大学眼科学講座)
「食物アレルギーガイドライン」
 講 師 佐藤さくら(国立病院機構相模原病院臨床研究センターアレルギー性疾患研究部)
「職業性アレルギーガイドライン」
 講 師 土橋 邦生(上武呼吸器科内科病院)

遺伝子から見た免疫とアレルギー

第3会場(3F イベントホールC+D)
13:30~15:30

座 長 玉利真由美(東京慈恵会医科大学総合医科学研究センター基盤研究施設(分子遺伝学))
座 長 野口恵美子(筑波大学医学医療系遺伝医学)

「アレルギー疾患におけるゲノム解析の基礎とその応用―食物アレルギーを例として」
 講 師 野口恵美子(筑波大学医学医療系遺伝医学)
「アレルギー疾患におけるGWASの現況」
 講 師 玉利真由美(東京慈恵会医科大学総合医科学研究センター基盤研究施設(分子遺伝学))
「次世代シークエンサーを用いた免疫・アレルギー疾患の解析」
 講 師 岡田 随象(大阪大学大学院医学系研究科遺伝統計学)
「免疫アレルギー疾患のマルチオミックス解析」
 講 師 高地 雄太(理化学研究所統合生命医科学研究センター自己免疫疾患研究チーム)

アトピー性皮膚炎

第4会場(3F イベントホールE)
9:00~11:30

座 長 加藤 則人(京都府立医科大学大学院医学研究科皮膚科学)
座 長 片岡 葉子(大阪府立病院機構大阪はびきの医療センター皮膚科)

「アトピー性皮膚炎の病態と鑑別診断」
 講 師 山中 恵一(三重大学医学部皮膚科)
「アトピー性皮膚炎のスキンケア」
 講 師 金子  栄(島根大学医学部皮膚科学講座)
「アトピー性皮膚炎の治療」
 講 師 中原 剛士(九州大学大学院医学研究院皮膚科・体表感知学講座)
「小児難治性アトピー性皮膚炎の治療」
 講 師 片岡 葉子(大阪府立病院機構大阪はびきの医療センター皮膚科)
「成人難治性アトピー性皮膚炎の治療」
 講 師 室田 浩之(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科皮膚病態学分野)

アナフィラキシー

第4会場(3F イベントホールE)
13:30~15:30

座 長 伊藤 浩明(あいち小児保健医療総合センターアレルギー科)
座 長 中村 陽一(横浜市立みなと赤十字病院アレルギーセンター)

「アナフィラキシーの急性期治療」
 講 師 岡藤 郁夫(神戸市立医療センター中央市民病院小児科)
「アナフィラキシーの原因検索」
 講 師 平口 雪子(大阪府済生会中津病院小児科)
「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」
 講 師 渡邉 直人(横浜市立みなと赤十字病院アレルギーセンター)
「救命救急部門との連携」
 講 師 岩永 賢司(近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科)

アレルギー疾患の病態生理最前線

第5会場(10F 1003)
9:00~11:30

座 長 出原 賢治(佐賀大学医学部分子生命科学講座分子医化学分野)
座 長 椛島 健治(京都大学大学院医学研究科皮膚科学)

「抑制性免疫受容体によるアレルギー疾患の制御機構」
 講 師 渋谷  彰(筑波大学生存ダイナミクス研究センター・医学医療系)
「神経生理学から視た痒みの実態」
 講 師 富永 真琴(大学共同利用機関法人自然科学研究機構生命創成探究センター
     温度生物学研究グループ)

「脂質代謝とアレルギー疾患」
 講 師 村上  誠(東京大学大学院医学系研究科疾患工学センター健康環境医工学部門)
「DOCKファミリー分子によるアレルギー疾患制御の分子基盤」
 講 師 福井 宣規(九州大学生体防御医学研究個体機能制御学部門免疫遺伝学分野)
「生体イメージング技術のアレルギー疾患への応用」
 講 師 椛島 健治(京都大学大学院医学研究科皮膚科学)

接触皮膚炎、蕁麻疹

第5会場(10F 1003)
13:30~15:30

座 長 加藤 則人(京都府立医科大学大学院医学研究科皮膚科学)
座 長 佐伯 秀久(日本医科大学大学院医学研究科皮膚粘膜病態学分野)

「接触皮膚炎の症状と検査」
 講 師 足立 厚子(兵庫県立加古川医療センター皮膚科)
「蕁麻疹の診断、検査、治療」
 講 師 秀  道広(広島大学大学院医歯薬保健学研究科皮膚科学)

[会長特別企画]アレルギー診療へのIT活用:
今できることからビッグデータまで

第6会場(12F 特別会議場)
10:00~11:30

座 長 藤澤 隆夫(国立病院機構三重病院)

「遠隔診療によるアレルギー医療均てん化」
 講 師 豊田剛一郎(株式会社メドレー)
「ビッグデータ活用による新しい診療と研究の方向性」
 講 師 堀口 裕正(国立病院機構本部総合研究センター診療情報分析部)
「ビッグデータの統計解析」
 講 師 新谷  歩(大阪市立大学大学院医学研究科医療統計学)

このサイトについて|Copyright © Japanese Society of Allergology All Rights Reserved.